記事「YouTubeを始める前に必要なたった1つの準備」のサムネイル

YouTubeを始める前に必要な「たった1つ」の準備

突然ですが、YouTubeからの収益だけで(ここでは広告収入のみ)生活できるくらい、チャンネルを育てるのに必要なモノはなんでしょうか?

記事「YouTubeを始める前に必要なたった1つの準備」の画像-1

もちろん答えは色々ありますが、僕が1つだけ選ぶなら

継続しておもしろいコンテンツを作り続ける「企画力」

です。

そのため、YouTubeをこれから始める方は、まず

「企画のストック」を持つ

これがとても重要です。
十分な企画のストックができるまではYouTubeを始めない方がいいです。

その理由をここから先でご説明します。

登録者数ではなく再生回数

ご存知の方も多いと思いますが、YouTubeで収益を上げるためには登録者を増やすだけではいけません。

基本的にYouTubeは動画の再生回数によって収益が上がっていく仕組みなので、登録者数だけではなく動画の再生回数を増やす必要があります。

しかし、

登録者数は数十万人を超えていても、1本あたりの動画の再生回数が1万回にも満たないようなチャンネルはたくさんあります。

チャンネル登録者が動画を観てくれていないのです。

どれだけ登録者が多くても、動画が再生されないと収益は発生しません。
登録者の数=収益ではないのです。

そのため、YouTubeで収益を上げるためには、チャンネル登録者が何人だろうと、とにかく「観られる」動画を作り続ける力が求められます。

チャンネルの差別化が大切

ゲーム系のYouTubeチャンネルには誰でも簡単に始められるコンテンツがあります。例えば「ゲーム実況」

必要な機材が少なく、ゲーム機とネット環境さえあれば誰でも手軽に始められるので、ゲームチャンネルを立ち上げたばかりの方も、すぐに実況を始めがちです。

しかし、

チャンネルがまだまだ発展途上な状態(登録者も再生回数も少ない状態)でゲーム実況をチャンネルのメインコンテンツにするのは、あまりオススメできません。

その理由は次の記事にまとめました。詳しく知りたい方はぜひ一度お読みいただければと思います。

ゲーム系YouTubeチャンネルでやってはいけないたった1つの事

お時間の無い方向けに、簡単に記事の内容を要約してお伝えると、ゲーム実況をオススメしない理由は以下の3つです。

  • 激戦区である
  • 高いスキルが必要
  • 差別化が難しい
  • 既に人気のある実況チャンネルは星の数ほど存在し、思っている以上に高いスキルが要求され、さらに、コンテンツ(特にサムネイルやタイトル)を他の実況者の動画と差別化しづらい。

    と言う、YouTubeを始めたばかりの方、もしくはチャンネルが未成熟な方にとって、とても厳しいマーケットだからです。

    つまり、まず登録者や再生回数を増やし、チャンネルを成長させるには

    他のチャンネルの動画と差別化できる「企画」が必要

    だと言えます。

    はじめは、じっくりと当たりそうな企画を考え、台本を作り、ナレーションを録り、観やすく動画を編集する、企画性の高いコンテンツを作ることに注力しましょう。

    当然ですが、あなたが生み出したアイデアはあなたのオリジナルです。だからサムネイルやタイトルも含め、他の方が作った動画と差別化するのが容易になります。

    企画のストックを作る

    YouTubeチャンネルが未成熟な方(登録者や再生回数が少ない方)はまず、時間がかかってもいいので

    企画のストックを30本作りましょう。

    これくらいの企画案を出すことができなければ、今後のYouTube運営で必ずアイデアが枯渇することになります。

    これはどんな状況にも言えることですが、人間は余裕がなくなると焦りが生まれ、良いアイデアを出しづらくなります。

    YouTubeでの活動をスタートさせたはいいものの、企画が思いつかない。企画のストックも無い。

    こうなると心に余裕がなくなり、なかなかいいアイデアが出てきません。

    メンタルを健康的に保ち、いいアイデアを生むためにも、数十本単位の企画をストックしておく必要があります。

    僕はヒットしそうな企画を50本考えてから自分のチャンネルをスタートしました。

    記事「YouTubeを始める前に必要なたった1つの準備」の画像-2

    週1本は必ず動画を投稿すると想定し、企画が50本あれば約1年間は動画投稿できると計算しました。30本の企画案なら半年分以上のストックになります。

    動画制作に慣れてきて余裕ができれば投稿頻度を上げるべきですが、まずは週1本確実に動画をアップすることを目指し、その準備として約半年分(30本)の企画をストックしましょう。

    企画のテーマは後で絞る

    例えば、ゲーム系のチャンネルを運営するとしても、

  • 攻略系
  • 情報系
  • ネタ系
  • 比較系
  • などジャンルは色々あります。
    しかし、

    最初はジャンルを気にせず、自由に企画案を30本作ってください。

    そしてYouTubeに動画をアップしてみて、ユーザーのリアクションを見ながらメインとなるジャンルを決めるのがオススメです。

    なぜか、

    自分が「当たるだろう」と想定した動画と、「実際に当たる」動画には、往々にして相違があるからです。

    そのため、

    やってみて、結果をみて、改善する。

    YouTubeはこれの繰り返しです。

    YouTubeに動画を投稿すると、「YouTube Studio」というツールで様々な角度から動画の成績をチェックすることができます。

    動画の再生回数、高評価、低評価数、コメント数、視聴者がどれくらい長い時間動画を観たかを表す、視聴者維持率など、多角的に動画の評価を確認できます。

    YouTube Studioの指標はチャンネルを運営する上でとても重要です。これらの評価からあなたのチャンネルで人気のある動画のジャンルや傾向を読み取り、メインコンテンツを決めていきます。

    まずは質より量を

    企画を考えるというのは大変な作業です。様々な情報を、様々な角度から見る必要があります。とても頭を使う作業です。

    しかし、一度「アイデアを出す癖」が身に付くと、その後は比較的簡単に「いい企画」が思いつくようになります。
    だからまずは、

    質より量

    とにかくたくさん企画案を出すことを目標に頑張ってください。これからYouTubeを始める方はまず、30本の企画のストック、ですね。

    メールアドレスが公開されることはありません。